作務衣 通販

| コメント(0) | トラックバック(0)
作務衣(さむえ)は、禅宗の僧侶が務め、日々の雑事(作務)を行うときに着る衣のことである。

「作務衣」は特定の形が決まっているわけではなく本来、作務を行う時に着るもの全般をさし、僧侶が掃除や寺院を維持するための労働を行う時に着用する作業着である。

正式の坐禅や法要の時には着用することは無い。

作務衣の歴史等ははっきりしていない。


現在のような形の作務衣があらわれた時期は古くとも明治以前にさかのぼるものではなく、

一説には昭和に入って永平寺で用いられたものが最初であるとされるが、さだかではない。

原形は「長作務衣」と呼ばれる、着物の上に着た上っ張りともんぺで、当初のものは着物の袖を納めるために現在よりも上衣の袖が太かったと言われている。

素材は麻や綿のほかポリエステルも多い
 


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hrnb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/11

コメントする

このブログ記事について

このページは、jinbeiが2012年6月25日 10:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブランド財布の手入れ法」です。

次のブログ記事は「海ぶどう「5個セット」【送料無料】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07