2012年6月アーカイブ

●海ぶどうとは

海ぶどうとはイワズタ科イワズタ属に属する海藻で、正式な名称はクビレズタ(括れ蔦)と言います。
沖縄や南西諸島の亜熱帯地方の沿岸の比較的浅い砂底地に生えていて、その姿形がブドウに似ている事から海ブドウと名付けられました。

また、グリーンキャビアとも呼ばれています。
日本では南西諸島に、日本国外では東南アジアやオセアニア等の浅海域に分布する。主に、潮間帯の下部から漸深帯の砂地に生育する。

長さ2~5m程度まで成長する。匍匐茎(ランナー)を伸ばし、匍匐茎の途中から直立する茎が生える。この直立する茎が食用になる部位で、球状の小枝(葉のような形状)が密生しており、「海ぶどう」の由来にもなっている。

また、和名のクビレズタは、直立する茎と小枝の間がくびれていることにちなむ。
海ぶどうは海底にランナーと呼ばれる茎を伸ばし、その茎から海面に向かって垂直に伸びる茎を伸ばします。この垂直に伸びる茎にびっしりと丸い球状の葉?を付け、この部分を主に食用とします。

海ぶどう「5個セット」【送料無料】沖縄では古くから食用とされてきましたが、近年の沖縄料理ブームなどもあり、天然物は乱獲などのため激減し、市場に流通している物のほとんどは養殖されているものとなっています。

海ぶどうとは海ぶどう 海ぶどうは、本名がクビレヅタという沖縄近海に生えている海藻です。

その名前の通り、果物のぶどうのように粒々が特徴の海藻で、食べたときにプチプチとして、中からトロッとした海藻の旨味が詰まったエキスが出てきます。

イクラのような感じですね。海ぶどうは、それでいて海藻なので、とってもヘルシー。

そのままでも美味しいですし、食べるときにちょっと和風ドレッシングやしょうゆを付けて食べても美味しいです。

贅沢にご飯にたっぷり乗せて、海ぶどう丼ってのも最高ですよ。


作務衣 通販

| コメント(0) | トラックバック(0)
作務衣(さむえ)は、禅宗の僧侶が務め、日々の雑事(作務)を行うときに着る衣のことである。

「作務衣」は特定の形が決まっているわけではなく本来、作務を行う時に着るもの全般をさし、僧侶が掃除や寺院を維持するための労働を行う時に着用する作業着である。

正式の坐禅や法要の時には着用することは無い。

作務衣の歴史等ははっきりしていない。


現在のような形の作務衣があらわれた時期は古くとも明治以前にさかのぼるものではなく、

一説には昭和に入って永平寺で用いられたものが最初であるとされるが、さだかではない。

原形は「長作務衣」と呼ばれる、着物の上に着た上っ張りともんぺで、当初のものは着物の袖を納めるために現在よりも上衣の袖が太かったと言われている。

素材は麻や綿のほかポリエステルも多い
 


ブランド財布のお手入れの雑学

■革財布のお手入れ方法
【新品購入時】 
お使いになって革製品を際のお手入れは、汚れを落とすことから始まります。
革は微細な繊維が交絡しているため、汚れを侵入させないためには、こまめな"乾拭き"が一番簡単な方法ですその隙間に汚れが侵入すると取り除くことがやっかいになります。
いきなり厚手のカードを入れたり、小銭を大量に入れたりしないでください。
新品時には、厚手のカードをいきなり入れるのではなく、薄手のもので革を少し慣らしてから、厚手のカードを入れるようにしてください。
。厚手のカードや大量の小銭をいきなりいれると、革が伸び切ってしまうことがあります。
小銭の場合ですが、基本的に、小銭入れに大量の小銭を入れることは、小銭入れ以外の部分にも影響が出ますので、控えるように心がけてください。
手軽で効果的なお手入れは乾拭きです。革は乾拭きを繰り返すと、中の油分が染み出してきて、光沢を増し、表面を保護していきます。
また油分による防水効果も期待できます。日光にあてることでも、同様に油分を活性化させて防水効果をもたらします。
乾拭きする時は、きれいな乾いた布などで軽くなでるようにして磨いていきます。
強くこすると、汚れを革に押し込んだり、革の種類によっては色が濃くなりますので、あくまで軽く"なでる"ようにするのが一番いい方法です。
   
■日々のお手入れ
急に財布の中に色々なものを詰め込んでしまうと革に急激に力がかかり革が伸びきってしまいます。
購入時に新品の革財布に色々なものを移し変えたいという気持ちはわかりますが、特に、小銭や大量のカードなどは一気に入れてしまわずに、少しずつならしていくようにしましょう。
化学繊維は、革の表面に見えないキズを作る原因となります。
日々のお手入れには、天然素材などの繊維の細かい布を使用してください。、
拭くときは、力の入れすぎに、ゆっくりと丁寧に行ってください。
また、日々大切にお手入れをして使用すれば、自然な手の「脂」がもっとも適したお手入れ剤になります。
革製品のお手入れ用のクリームなどは必要ないと思われます。
【カビが生えてしまった場合】
乾いた布だと、菌が拡散してしまいます。少し湿った布で拭き取って下さい。
内部まで生えてしまうと、どうしようもありませんが、よ~く乾燥させて乾拭きをしてください。

■濡れてしまった場合
革財布のみならず、革製品全般に言えることですが、革製品にとって水分は大敵です。
水に弱いので水分には注意する。
水濡れはすぐに落とす濡れたら、出来るだけ早くに水分をふき取って下さい。
内側に使われている芯にも影響し、型崩・カビの発生の原因になります。毎日、簡単にで良いので、乾いた布で埃や汚れを落としておく。
濡れたら、出来るだけ迅速に水分をふき取り、日陰干しで乾燥させてください。
水分は、表面の革だけでなく、内側とか、芯にも影響し、型崩やカビが発生する原因になります。
乾いたタオルで、トントン叩く様に水分を取り、風通しの良い場所で陰干しする。
乾ききる直前に、保革油を塗っておくと油分の抜けが多少防げます。余分な油は乾いた後に拭き取って下さい。
     
■汚れてしまった場合
汚れた場合は、急いで擦るのは避けてください。
「汚れ」が革にキズをつけてしまうことがあります。
汚れはすぐに落とす汚れた場合は、急いで擦るのは避けてください。
いくら天然の細かい繊維で拭いても、「汚れ」が革にキズをつけてしまうことがあるからです。
本革は繊維が細かいので、汚れが刺さってしまった場合があります。
かなり落ちにくくなってしまう、汚れが刺さってしまうと、その汚れはかなり落ち難くなってしまいますので注意してください。
汚れを擦って落とす前に、振ってみるか、息を吹きかけてみてください。意外と落ちる場合があります。
それでも落ちない場合は、タオルなどで、除機の強さは、「弱」から初めて、少しずつ強い設定の吸引口に巻いて使用してください。
革財布は、使っていくうちに、色や硬さなどの風合いが増していきます。
日々のお手入れをこまめに行うと、自分に馴染んだお気に入りの財布になっていきます。

■汚れがついてしまった場合のお手入れ
通常の牛革...革用クリームを、布に薄くのばし、ふき取る。
クリーナーはゴムタイプ、クリームは必ずヌメ革用の物を使って、お手入れを。
クリーナーは素材にあった物を。
オイルレザー...少し水に強い。手入れは牛革と同じ。
ヌメ革...かなり水に弱い。
起毛素材...起毛部分に汚れが貯まりやすいので、ブラシ等でお手入れ。
クリーム等を使ったお手入れの場合は、色落ち等の危険がありますので、目立たない部分で試してからの方が良いと思います。
汚れ落とし用クリーナーはチューブ入り、ビン入り、エアゾールタイプ(スプレー式)、消しゴムタイプがあります汚れを落とすために使用します。
性質は弱酸性、中性とアルカリ性があり、
ルカリ性の場合汚れを取る力が最も大きいのですが革の色落ちも大きいので、取り扱いは注意が必要です。他に、汚れ落としとともに防水、つや出し、柔軟効果、防カビ効果、保革効果をうたったものもあります。クリナーは革によって種類が分かれますので、革にあったものを選択してください。
中には、レザーソープのような石鹸タイプのものもありますが、革の種類と使い方をよく理解されてから使われることをお勧めします。
保護クリームクリームの役目は、色・つやの保持、保革、防水、汚れ・傷からの保護などです。乳化性、油性、液体、エアゾールタイプなどがあります。乳化性クリームの主成分は水、油脂、ワックスであり、色に応じて着色剤が加えてあります。ビンやチューブに入っており、色の保持、保革に効果があります。油性クリームは缶入りが多く、水が入っていないため、つや出し、防水効果が大きくなります。液体クリームは水とワックスからなり、つやを与えるものが多く、エアゾールタイプは使い勝手のよさを目的としています。この他、防カビ剤、保湿剤等が配合されているものもあります。こうったクリーム性のメンテナンス用品も用途にあったものを選択することが重要です。

■合皮の場合
水分には、天然の皮よりも強いので、中性洗剤を薄めた水をつけた布で拭き取り、洗剤を落とすために更に絞った布で拭く。
ビニール素材や、革製品と長時間重なっていると色移りや、素材がはがれてしまう事もありますので、ご留意下さい。
メンテナンス用品には下記のような様々なものがあります。
選択する際に気をつけることは、磨き仕上げ等で光沢のある革には油性のメンテナンス用品は厳禁です。
油分や蝋分の追加で光沢が失われてしまいます。光沢のある革は原則として布等で乾拭きしてください。それでも汚れた場合は、光沢のある革には爬虫類の革用の手入れ剤の中から適切なものを選んでください。爬虫類の革用の手入れ剤は革の表面の光沢を維持できるものがあります。また、目立たない部分でのテストも行ってください。

■化学繊維・ビニールの場合
多少手荒に扱っても大丈夫ですが...やはり基本は、薄めた中性洗剤を布に含ませて拭く。
小さな汚れなら、消しゴムで落としてみて下さい。

■天然素材(布など)の場合
中性洗剤を薄めた物を使い、たたきながら(布に汚れを移すように)汚れを取ります。
油分のある汚れは取れませんのでご注意下さい。
Ferragamo

だしてきたフェラガモ。極上の製品は、顧客である王Ferragamo(フェラガモ) ダブルホック財布 7122PEBBLE BLK

 1927年にイタリアのフィレンツェで開業、「夢の靴職人」とまで呼ばれるほど誰も考えつかない数々の名作を世に送りだしてきたフェラガモ。極上の製品は、顧客である王侯貴族に愛されてきました

商品スペック


Ferragamo(フェラガモ) ダブルホック財布 7122PEBBLE BLK

【サイズ】
 約 H9×W11×D2.5cm
【重さ】
 約 107g
【仕様】
 札入れ仕切 無小銭入れ開閉 ボタン式カード入れ×6定期入れ×1ポケット×4
【付属品】
 箱
【素材】
 PEBBLE

「Ferragamo(フェラガモ) ダブルホック財布 7122PEBBLE BLK」の詳細を見る
【在庫について】
当商品は在庫数の変動が早い商品であり、入れ違いで売約があった場合に
キャンセルとなる可能性がございます。
あらかじめご理解、ご了承下さい。


【現品限り】LOUIS VUITTON(ルイヴィトン) モノグラム 名刺入れ カードケース M62920 【中古A】
表面に小キズ、フチに擦れがあり、内側に型付きと小銭入れに汚れがあります。箱・保存袋なし。

商品状態につきましては、すべての傷やダメージを、
表現しきれない場合がございますので、予めご了承くださいませ。


商品スペック

【メーカー名】 ルイヴィトン

【品番・型番】 M63712

【ブランド名】
ルイヴィトン エピ 3つ折財布 黒 ブラック 証明書ケースなし M63712
【型番】
M63712
【カラー】
 黒
【素材】
 エピレザー
【サイズ】
 約W16/H11cm
【状態】
 中古B


【商品名ランク表示について】
新品・・・一度も使用されていない、新品の商品
未使用・・・一度も使用されていませんが、展示などにより新品の状態ではないもの
新品同様・・・使用されてはおりますが、新品に近いコンディションのもの
中古SA・・・多少キズがありますが、とても程度の良い商品
中古A・・・多少キズがありますが、程度の良い商品
中古AB・・・多少キズや汚れの見受けられる商品
中古B・・・中小のキズや汚れが見受けられる商品
中古BC・・・中小のキズや汚れが目立つ商品
中古C・・・全体的にかなり使用感があり、中小のキズが目立つ商品


【在庫について】
当商品は在庫数の変動が早い商品であり、入れ違いで売約があった場合に
キャンセルとなる可能性がございます。
あらかじめご理解、ご了承下さい。


このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。